Anaconda関連で初心者の個人的な調査

Python

conda…

venvなどのような仮想環境の1つ?

Anacondaをインストールすれば自動的にroot環境が作られる(仮想環境の1つとして)。だからローカルに

condaでroot以外の仮想環境を作成できる

仮想環境を作成したばかりの時はpythonも入っていない(Anaconda navigatorから作成した場合はわからない)ため、スクリプト実行不可

anaconda navigator上でjupyter Notebookをインストールしたらpythonも一緒に仮想環境内にインストールされた

pip installとconda installの違い

condaとpip:ver. 2020 - onoz000’s blog
要約 condaの仮想環境機能は改善しており、信頼して使えるようになった condaとpipの競合についても改善しているが、依然としてケアは必要

以前はcondaの後にpipでパッケージをインストールすると環境が壊れる危険性が非常に高かった。今はだいぶ改善されたようだが、基本的にconda環境でpipでインストールするのは最終手段となっている。また、パッケージインストールをするのは仮想環境内が良い。

condaで環境構築

基本の文は以下

conda create -n [環境名]

インストールしたいバージョンのpythonや、ライブラリのバージョンがあるのなら以下のように指定も可能。

conda create -n [環境名] python=3.7 Flask=1.1.2

すでにある環境を他のマシンで使いたい時

まず既にある環境をyaml形式でエクスポートする

yamlとは構造化されたデータの1つで、XMLやJSONと同じような役割を果たす

conda env export > env.yml

次にエクスポートしたyamlファイルを他のマシンで読み込み環境構築する

例:マシン1での開発環境をマシン2でも同じ環境で、myenvという名前で構築したい

conda env create -n myenv -f env.yml

コメント

タイトルとURLをコピーしました