Django開発開始するまでの準備(Windows向け)

Python

※この記事はWindowsユーザー向けに作成されています。そのためその他OSをご使用の方はコマンド操作が異なります。その際は各々ぐぐっていただけるとありがたいです。

今回はUdemyの「プログラミング初心者でも安心、Python/Django入門講座」を学習し、自分なりにノート的にまとめました。

https://www.udemy.com/pythondjango-a/learn/v4/overview

Djangoとは

Pythonのフレームワーク。

中規模~大規模のWeb開発に用いられ、ルーティング・テンプレート・O/Rマッパー等の豊富な機能を標準で用意している⇒フルスタックと呼ばれる。

開発を開始するまでの準備

  1. Djangoディレクトリを任意の場所に作成する
  2. 1で作成したディレクトリ直下でコマンドプロンプトを開き、「py -m django startproject first」を入力
  3. firstディレクトリが作成され、first直下でmanage.pyが作成されたことを確認したら、コマンドプロンプトで「py manage.py runserver」を入力することで開発用のサーバーが作られる。これはブラウザで「127.0.0.1.8000」と入力することで表示される
  4. manage.pyがあるディレクトリ(first直下)に移動しコマンドプロンプトで「py -m django startapp myapp」を入力することでDjangoアプリケーションが作成される

開発の開始

  1. first/urls.pyでurlの名前を定義
  2. myapp/urls.pyを作成し、urlが呼びだされたときviews.pyが呼び出されることをかく
  3. views.pyに何をするかをかく(引数にrequestと表示させたいhtmlをかく)
  4. htmlの中身を書いていく
  5. モデルの作成
  6. form.pyを書いていく

作るファイルの説明

  • django\first\manage.py
    …開発用サーバーの起動、データベースにデータの反映
  • django\first\db.sqlite3
    …djangoはデフォルトでsqliteというデータベースを使用する。そのデータの保存の時に実際に書き込まれるところ
  • django\first\first\__pycache__
    …pythonで使うファイル。.pyファイルは基本的に一度.pycというファイルにコンパイルされる。これはプログラムの起動までの時間を早くするためである。なお.pycにすることでプログラム自体が早くなっているわけではない。
  • django\first\first\__init__.py
    …パッケージを読み込んだ際の初期化ファイル
  • django\first\first\wsgi.py
    …djangoを実際のサーバーで動作させるときに必要。ウェブサーバーと連携させる仕様をウェブサーバーゲートウェイインターフェイスという。これを満たすファイル。
  • django\first\first\urls.py
    …urlに対応した名前を定義するファイル。
  • django\first\first\setting.py
    …プロジェクト全体の設定を管理するファイル。よく見るところはdebug=True、installed_apps、language_cide、time_zoneなど
  • django\first\myapp\migrations
    …データベースの設定。あんまり触ることはない。フレームワーク側で自動で作成される。
  • django\first\myapp\admin.py
    …djangoは管理画面が不足しているため管理画面の設定をするファイル。
  • django\first\myapp\apps.py
    …djangoアプリケーション自体の設定。
  • django\first\myapp\models.py
    …データベースに関連したファイル。直接sqlを触らずにクラス定義などをすることでテーブルの作成であったり、クラスを操作することでデータの追加削除を行うことができるモデルを定義するところ。
  • django\first\myapp\test.py
    …djangoアプリケーションのテストを書くところ
  • django\first\myapp\views.py
    実際に行われる処理を書いていくファイル。urls.pyが処理の名前を書くのに対し、これは実際の処理を書いていく。

 djangoフレームワークの処理の流れ

  1. リクエストオブジェクトの作成
  2. urls.pyをみながら、パスに一致した処理を探す
  3. その処理をrequestオブジェクトを引数に渡して呼び出す(views.pyの書く処理が呼び出される)
  4. 呼び出した処理からHTTPResponseオブジェクトを受け取る
  5. HTTPResponseオブジェクトをブラウザへ返す

コメント

タイトルとURLをコピーしました